BASE FOOD

ベースパスタをレンジで時短調理してみた感想【失敗談あり】

ベースパスタは生麺なので、茹でて調理します。でも、お湯を沸かして茹でるのって地味に面倒ですよね

レンジでチンする調理器具が使えたら物凄い楽になります。レンジでチンするだけで調理可能なら、職場に持っていって食べることも不可能ではありません。

結論を先に言うと、ベースパスタは電子レンジで調理可能です

ただし、調理方法には注意点があり、間違えるとものすごく不味いです。

なお
なお
わたしの失敗談も余すことなく共有します!

ベースパスタのレンジ調理方法【メーカー推奨】

出典:ベースフード公式サイトより引用

ベースパスタはメーカー公式で推奨されているレンジ調理方法があります。

ベースパスタのレンジ調理時間
種類 電力 時間
フェットチーネ
(平打ち麺)
500W 5分
アジアン
(細麺)
500W 2分

メーカー公式サイトより引用

ただし注意点があり、

容器に麺が全て浸かるように熱湯を入れて、麺を必ずほぐしてからレンジで温めます。

つまり電子レンジで調理する前に、あらかじめお湯を沸かしておかなければならないのです。

なお
なお
正直ちょっと面倒ですよね。水から直接電子レンジで温めちゃダメなんでしょうか?

レンジ調理の器具は100円ショップで購入

出典:gigazineより→リンク

ベースパスタをレンジ調理するための器具は、100円ショップのダイソーで購入しました。

パスタのレンジ調理器具といえば、長細いケース上の商品が一般的です。ただあの長細い形は、乾麺を折らずに茹でるためのもので、生麺のベースパスタには関係ありません。

そのため、袋入り即席ラーメンを調理するための丸い器具にしました。これの良いところは、レンジ調理後、そのままどんぶりにして食べられるところです。

オシャレではありませんが、洗う食器が減るので合理的です。

ベースパスタをレンジ調理して大失敗した話

まずは失敗談から共有していきます。

やっぱりレンジでチンするのに、あらかじめお湯を沸かすなんて納得できません

そんなわけで、水からレンジでチンしてみました。

ベースパスタをレンジで調理

麺を器に開けるとこんな感じです。

水を投入

次に麺がしっかり浸かるように器に水を入れていきます。麺の表面についていた粉で白濁としています。

ちなみにベースパスタは、塩を振る必要はありません

このままレンジでチンすると、ダマになってしまうので、フォークで麺をほぐします。

レンジで500Wで4分チン

フタをしてレンジへ

本来フィットチーネは熱湯から2分チンがメーカー推奨の調理方法です。

水からの温めになるので、長めに加熱する必要があります。今回は500Wで5分30秒チンとしました。

レンジから取り出してみると

5分30秒後にレンジから取り出した麺がこちらです。

フタに湯切り穴がついているので、カップ焼きそばみたいな感じで湯切りできます。

お湯を切ったあとの麺です。なんだかべちゃっとした感じ

普通に茹でると、麺がもっとシャキッとして、ボリュームも増えるのですが。

近づいてみてみましょう。

麺が白っぽくなっていて、表面がグズグズした感じです。

水からレンジ調理したベースパスタを実食

麺に市販のパスタソースをかけて、混ぜていきます。

今回は「オーマイ 和パスタ好きのための たらこ」を1食分使っています。

混ぜてみたところ、麺がグズグズなので、麺がブツブツに千切れてしまいました。

パスタソースに付属している刻み海苔をかけて一応完成。

実際に食べてみると、べっちゃべちゃで流動食みたいです。

食べるのが苦痛になるくらいにはひどい味です。

茹でたらもっとボリュームが出るのですが、水からレンジ調理だとボリュームがないので、パスタソース1食分でも塩辛すぎます。

本来は割と美味しく食べられる組み合わせですが、壊滅的に美味しくなかったです。。。

なお
なお
というわけで、水からのレンジ調理は大失敗に終わりました

正しい方法でレンジ調理した結果

諸事情により別の容器を使っていますが、こちらもダイソーで購入です

悲しい失敗を経て、メーカー推奨の正しい方法でレンジ調理しました。

今度は細麺のアジアンで調理してみます。

熱湯を注いでレンジ調理

今度は水ではなく、熱湯を入れていきます。我が家のポットは保温90度にしています。

麺がしっかり浸かるようにお湯を入れていきましょう。

塩を振る必要有りません。お湯に入れたら軽く麺をほぐします。

そのまま電子レンジへ

細麺のアジアンのメーカー推奨は、500Wで2分チンです。

湯切りをした後がこちら。

麺はベチャベチャにはなっていません

メーカー推奨の方法でレンジ調理したベースパスタを実食

パスタソースをかけて混ぜていきます。

今回のパスタソースは「オーマイ コク旨ガーリックトマト」。

水からチンしたときとは違い、かき混ぜても麺はちぎれません。

茹でた麺より少し柔らかく、若干味が落ちた感じはありますが、普通に食べられますね

この容器で調理してそのまま食べられるので、洗い物が減るのはメリットですね。

見た目はオシャレではありませんが、手間はグッと抑えられます。

まとめ:レンジ調理で楽にはなるが時短にはならない

結論、電子レンジ調理はアリです。

ただしお湯をわざわざ沸かすのは面倒なので、ポットやケトルがある人ならアリと付け加えておきます。

調理時間は全く短縮されませんが、洗い物が容器一つで済むのでトータルでは楽です。

味は若干落ちるものの、試してみる価値はあるでしょう。

時短には「和えるだけのソース」がオススメ

ちょっとでも調理時間を短縮したい人には、和えるだけのパスタソースがオススメです。

湯煎のパスタソースの場合、鍋を2つ用意するか、パスタを茹でたあとのお湯でソースを温める必要があるので、結構面倒です。

和えるだけのパスタソースは温める必要がないので、確実に手間を減らせます。

【市販ソースレシピで検証】ベースパスタの美味しい食べ方ランキング」では、美味しかった市販のパスタソースを紹介しています。

和えるだけのソースも多数ランクインしています。ぜひチェックしてみてください。

なお
なお
和えるだけのパスタソースはお財布にも優しい!(2食セットで140〜200円ほど)

ベースパスタのお試しは定価20%OFFで購入しよう

ベースパスタを最安でお試しするなら、ベースフードの公式サイトの「継続コース」で購入するしかありません

初回購入なら20%OFFで購入できます。

「継続コース」と聞くと縛りがあるように見えますが、一瞬で解除手続きできるので、実際には一回の購入でもOKです。

※解約方法は「【定期便】ベースフード 継続コースを徹底解説【解約方法も】」で解説しています。

ベースフードの公式サイトでは、最低購入数は8食となっています。

「フェットチーネ」と「アジアン」を各4食ずつ購入になります。

ベースパスタ
20%OFFの最安購入価格

商品 数量
ベースパスタ
フェットチーネ
4食
ベースパスタ
アジアン
4食
  • 通常価格:3,620円
  • 初回購入&継続コースでの価格:
    2,996円(税込み・送料込み)

\ベースパスタのお試しはこちらから/
BASE FOOD 公式サイト

パスタ&パンが両方試せるスタートセットがオススメ

まだベースフードを購入したことがない人は、ベースフードの全商品をちょっとずつ試せる「スタートセット」がオススメです。

「スタートセット」は初回限定の定価20%OFFで購入でき、尚且つおまけがついてくるので、選ばないとちょっと損することになります。

この記事はベースパスタを取り上げていますが、パンタイプのベースブレッドもかなり優れた商品です。

一緒に試した上で、向いている方を続けていくのが良いでしょう。

食べ物なので無駄にはなりませんし、もし合わなければ以降は発注しなければOKです。

スタートセット
パスタ&パン14食セット

商品 数量
ベースパスタ
フェットチーネ
2食
ベースパスタ
アジアン
2食
ベースブレッド
プレーン
2食
(4袋)
ベースブレッド
チョコレート
2食
(4袋)
ベースブレッド
メープル
2食
(4袋)
ベースブレッド
シナモン
2食
(4袋)
ベースブレッド
カレー
2食
(4袋)
セット
特典
初回限定カレーパン1袋 1袋
セット
特典
おまかせパスタソース 1袋
  • 通常価格:6,280円
  • セット価格:
    5,124円(税込み・送料込み)

\パスタ&パン14食セットをチェック/
BASE FOOD スタートセット

なお
なお
ベースフードの全商品を一気に試せるので、初めて購入する方にはパスタ&パン14食セットがオススメです

20%OFFで買える機会は初回だけです。

それぞれ少量ずつ試してみて、「これなら続けられそう!」と思えるものがあるかチェックしましょう。

ベースパスタの買い方・コスパ・ダイエット効果・調理方法などの情報は、↓の記事を見れば全部押さえられます。

購入を考えている人は続けてチェックしてみてください。

【2年継続中】完全食 ベースパスタの口コミ&徹底解説【まずいって本当?】「完全食が気になるけど、パウダーとかドリンクのような、味気ないのはちょっと…」という人は、ベースパスタがオススメです。おいしく食べられて、飽きがこないのが特徴です。この記事では、ベースパスタの味や購入方法、栄養などを解説しています。完全食に興味がある人は要チェックです!...
RELATED POST