COMP

【3週間挑戦】完全食COMPパウダー(通常版&低糖質版)のレビュー&口コミ

完全食を検討している人は、主力ブランドの一つであるCOMPも選択肢に入っていると思います。

そんなCOMPの主力商品がCOMPパウダーです。

ただ、プロテインみたいに粉を溶かして飲む食事に抵抗がある人も、少なからずいるのではないでしょうか?

かく言うわたし自身もそう思っていました。今回はCOMPパウダーを3週間試した感想を共有していきます。

なお
なお
「肝心の味」や「食事として続けられるか?」といった、気になる部分をしっかりお伝えします!
Contents
  1. COMPパウダーとは?
  2. COMPパウダーの口コミ
  3. 【作ってみた】COMPパウダーの飲み方
  4. 【実食レビュー】COMPパウダーの味はいかに?
  5. 【3週間続けてみて】COMPパウダーは継続できるのか?
  6. COMPパウダーの栄養解説
  7. COMPパウダーのダイエット性能
  8. COMPパウダーの購入方法を解説【Amazonやコンビニで買えるの?】
  9. COMPパウダーの値段&コスパを解説
  10. COMPパウダーはお試し購入可能!
  11. COMPパウダーのレビューまとめ

COMPパウダーとは?

出典:COMP公式サイトより引用

今回わたしが3週間試してみたのは、完全食ベンチャー「COMP」のCOMPパウダーです。

日本で最初に完全食を販売したのがこのCOMPです。当然ながら、完全食の主力ブランドです。

そんなCOMPには4種の商品があり、

COMPパウダーは、

  • COMP Powder TB
    (Total Balanced model)
  • COMP Powder LC
    (Low Carbohydrate model)

の2種類に分かれています。

粉を溶かして飲む
COMP Powder TB

この記事で解説しています

低糖質調整版の
COMP Powder LC

この記事で解説しています

グミタイプの
COMP Gummy TB

≫ 解説記事はこちら

パック入り飲料の
COMP Drink

≫ 解説記事はこちら

*画像はCOMP公式サイトより引用

定番商品の「COMP Powder TB(Total Balanced model)」

COMP Powder LCの原材料→→

デキストリン(国内製造)、大豆たんぱく、粉末油脂(植物油脂、イヌリン、乳たんぱく)、パラチノース、イヌリン、DHA含有魚油粉末、食塩、酵母、ブドウ種子抽出物/トレハロース、セルロース、クエン酸K、カゼインNa、炭酸Ca、リン酸K、炭酸Mg、増粘多糖類、乳化剤、V.C、ニコチン酸アミド、パントテン酸Ca、V.E、V.B6、V.B1、V.B2、V.A、V.K、V.D、V.B12、(一部に乳成分・大豆を含む)

内容量

1袋(1食あたり)94g

「COMP Powder TB」は、パウダー状の本商品を水に溶かして、プロテインのように飲むタイプの完全食です。

これが正真正銘、日本で初めて販売された完全食の元祖

各栄養をバランスよく配合し、万人向けのスタンダードモデルです。

味にもこだわっており、上品な甘みのあるプレーン風味となっています。

低糖質版の「COMP Powder LC(Low Carbohydrate model)」

COMP Powder LCの原材料→→

粉末油脂(植物油脂、イヌリン、乳たんぱく)、乳清たんぱく、大豆たんぱく、粉末油脂(中鎖脂肪酸油)、DHA含有魚油粉末、食物繊維(グァーガム分解物)、食塩、酵母/トレハロース、グルコン酸K、セルロース、カゼインNa、乳化剤、香料、増粘多糖類、炭酸Mg、炭酸Ca、V.C、甘味料(ステビア)、ピロリン酸第二鉄、ニコチン酸アミド、パントテン酸Ca、トコトリエノール、V.B1、V.B2、V.B6、V.A、V.K、V.D、V.B12、(一部に乳成分・大豆を含む)

内容量

1袋(1食あたり)73g

「COMP Powder LC」は、いわゆる「ロカボ版」のCOMPパウダーです。

“Carbohydrate”は「炭水化物」ですね。

栄養を損なわず、糖質量を限りなく低く調整したダイエット向きの完全食となっています。

お味はリッチミルク風味となっています。

COMPパウダーの保存方法と賞味期限

COMPパウダーは常温保存でOKです。

冷蔵・冷凍じゃないので、職場に持っていくのもアリです。

わたしが実際に購入したときの賞味期限は、届いた日から約4ヶ月後の日付でした。

定期購入は最長で3ヶ月スパンなので、最低でも3ヶ月の賞味期限は担保されていると思われます。

COMPパウダーの口コミ

COMPパウダーは、Amazonや楽天で扱っていないので、インターネットで確認できる口コミはSNSのみになります。

いくつかSNS上のコメントを見てみましょう。

なお
なお
味は悪くなさそうですが、粉っぽさで飲みあたりはイマイチっぽいですね

【作ってみた】COMPパウダーの飲み方

それではCOMPパウダーを作っていきましょう。

用意するのはCOMPパウダー×1パック(1食分)とシェーカーです。

写真は「COMP Powder TB」のものですが、「COMP Powder LC」でも作り方は同じです。

COMPパウダーを開封

パックを開けると、このような乳白色の粉末が入っています。

匂いはそれほどありません。

粉末はかなり細かいので、気をつけないと宙に舞ってしまいます。

シェーカーにパウダーを投入

シェーカーに粉を入れていきます。

500ml以上の大きさであれば、どんなシェーカーでも大丈夫です。

直接パックから落とすと粉が舞って大変なことになるので、一回シェーカーを被せてからひっくり返すと入れやすいです。

もちろんスプーンなどで入れてもOKです。

1パック分入れると、500mlのシェーカーの1/3あたりまで入ります。

シェーカーに水を投入

水、またはお好みの飲料を入れていきましょう。

メーカー推奨量は300mlです。

今回はシンプルに水を入れています。

シェーカーでよく振って完成

シェーカーにフタをしてよく振ったら出来上がりです。

しっかり上下に振らないとちゃんと溶けないので注意です。

粉がシェーカーの底でダマになりやすいです。

最初に水を入れるときにわざと少なめに入れて、よく溶かしてから残りを入れてシェイクするとだまになりづらくなります

【実食レビュー】COMPパウダーの味はいかに?

「COMP Powder TB」と「COMP Powder LC」、それぞれの味をレビューしていきます。

COMP Powder TB(通常版)の味

COMP Powder TBの見た目は豆乳のような感じですが、味も豆乳のような感じです。

ほんのり甘さがあり、調整豆乳から大豆感をグッと薄めたようなイメージでしょうか。

ちょっときな粉のような味もしますね。きな粉も豆乳も材料は同じ大豆ですが。

よく振って粉は完全に溶けたように見えますが、口の中で粉っぽい感触が結構残ります

飲んだ後はずっしりとお腹に溜まった感じがあり、ちょっと「うっぷ」な感じになりました。

味は結構いけますが、飲みあたりは良くないですね。

ただ決してまずくて飲むのが苦しいと思うことはありませんでした。

COMP Powder TB(通常版)にフレーバーをかけてみた

COMP Powder TBはそのままでも飲めますが、純正のフレーバーがあります。

COMP純正のフレーバー3種

  • Apple & Cinnamon
  • Royal Milk Tea
  • Cafe Latte

Apple & Cinnamonを使ってみましょう。

色はほのかなピンク色で、その名の通りリンゴとシナモンの香りが漂います。

シェーカーで振ってみると、「COMP Powder TB」そのままの色とほとんど変わりません。

味は甘くなり過ぎず、オリジナルのCOMP Powder TBの味にほんのりリンゴ風味がついた感じです。

グッと口当たりが良くなったように感じます。

今回はCOMP純正のフレーバーを使いましたが、もちろん純正でなくてもOKです。

COMP Powder LC(低糖質版)の味

COMP Powder LCはリッチミルク風味ということで、確かにミルク味のソフトクリームのような風味があります。

また、粉っぽさはほとんど気になりません

総じて言えば、クセが無くて飲みやすいです。

完全食の中では美味しい部類に入ると思います。

COMP Powder LC(低糖質版)にフレーバーをかけてみた

Cafe Latteを使ってみました。

焦げ茶色のパウダーで、コーヒーそのものの香りです。

シェーカーで振ってみると、薄めのコーヒー牛乳の色になりました。

コーヒー感はそこまで強くなく、甘さはありません。

ややビターな大人の味(?)といった感じです。

わたしは甘いカフェオレが好きなので、ちょっと砂糖を入れてみたところ、その方が美味しく飲めました。(健康のために飲んでいるので、糖分を足すのはあまり褒められたものではないですが)

個人的には、「COMP Powder LC」をそのまま飲んだ方が美味しかったですが、これはこれでアリでした。

【3週間続けてみて】COMPパウダーは継続できるのか?

「COMP Powder TB」と「COMP Powder LC」を3週間、毎日1食ずつ続けてみた結果、継続は全く問題ありませんでした。

ほとんどフレーバー無しで飲んでいたので、食事の楽しみはあまり感じませんでしたが、フレーバーで味を変えれば飽きが来ずに楽しめると思います。

あと作るのは簡単ですが、毎日となると

シェーカーに粉末を入れて→振って→飲み終わったら洗う

のルーティンがちょっと億劫でした。外出先ではやりたくないですね。

3食全てCOMPパウダーはやめた方が良い

ただし、3食全てをCOMPパウダーにするのは難しいです。

やっぱりあったかくて美味しい食事が欲しくなります。

相当強い意思がない限り、3食全てCOMPパウダーはオススメしません

また別の視点で、3食COMPパウダーにしてしまうと、咀嚼(そしゃく)が全くない生活になってしまいます。

咀嚼が減ると認知症になりやすいと言われていることから、咀嚼は脳に必要な刺激であると言えるでしょう。

というわけで、1日1食程度をCOMPパウダーに変えてみるのが、継続のコツだと思います。

COMPパウダーの栄養解説

実は完全食と言いつつ、実際には全ての栄養を網羅していないケースがあります。

「COMP Powder TB」と「COMP Powder LC」の栄養をチェックしていきましょう。

栄養成分表の見方
  • ()内の数字は、1日に必要な栄養量を何%満たしているかを表す
  • ()内の数字が33%超なら、1食に必要な栄養を満たしている
  • 厚生労働省「食事摂取基準(2020年版)」より、18歳以上の男性に必要な栄養量を参考 → リンク
  • 1日の熱量(カロリー量)は2,200kcalとする

1食に必要な栄養量(33%)に満たないものに赤字で色をつけました。ただし、一般論として低い方が望ましい

  • 熱量(カロリー)
  • 脂質
  • 炭水化物
  • 糖質
  • 食塩相当量

については、33%を下回っていても問題ないと考え、色はつけていません。

COMPパウダーの栄養量一覧

※右にスライドできます▶︎

栄養 COMP
Powder TB
COMP
Powder LC
熱量(カロリー) 400kcal (18%) 400kcal (18%)
たんぱく質 18g (36%) 25g (50%)
脂質 13.3g (27%) 30.3g (62%)
n-3系脂肪酸 1.1g (55%) 2g (100%)
n-6系脂肪酸 2.4g (22%) 4.4g (40%)
炭水化物 55.8g (20%) 12.1g (4%)
糖質 50.6g (-%) 6.9g (-%)
食物繊維 5.2g (25%) 5.2g (25%)
食塩相当量 0.56g (7%) 0.6g (8%)
【ミネラル系】
亜鉛 2.4mg (27%) 2.4mg (27%)
カリウム 744mg (30%) 743.7mg (30%)
カルシウム 186mg (29%) 185.5mg (29%)
クロム 3.7μg (37%) 3.7μg (37%)
セレン 7.7μg (31%) 7.7μg (31%)
2.7mg (42%) 2.7mg (42%)
0.25mg (36%) 0.25mg (36%)
マグネシウム 88mg (28%) 87.3mg (28%)
マンガン 1.1mg (28%) 1.04mg (26%)
モリブデン 8.2μg (33%) 8.2μg (33%)
ヨウ素 48μg (51%) 47.3μg (50%)
リン 230mg (23%) 230mg (23%)
【ビタミン系】
ナイアシン 4.8mg (37%) 4.73mg (36%)
パントテン酸 1.8mg (36%) 1.75mg (35%)
ビオチン 15μg (30%) 14.6μg (29%)
ビタミンA 190μg (29%) 189.1μg (29%)
ビタミンB1 0.55mg (46%) 0.44mg (37%)
ビタミンB2 0.51mg (39%) 0.51mg (39%)
ビタミンB6 0.6mg (55%) 0.48mg (44%)
ビタミンB12 1.1μg (55%) 0.88μg (44%)
ビタミンC 37mg (44%) 36.4mg (43%)
ビタミンD 3μg (35%) 3μg (35%)
ビタミンE 3.5mg (50%) 3.4mg (49%)
ビタミンK 44μg (29%) 43.7μg (29%)
葉酸 70μg (35%) 69.1μg (35%)

*1日に必要な栄養量は、計算根拠の違いによりメーカー公式見解と一致しない場合があります

COMP Powder TB(通常版)の栄養について

微妙に不足している栄養成分が多数あるので、メーカー公式とは計算方法に違いがあると思われます。

ただ、突出して高すぎる栄養成分がないので、摂取超過になる心配がなく、かなり練られた商品に感じますね。

なお1食400kcalは、完全食業界の標準数値となっています。

COMP Powder LC(低糖質版)の栄養について

糖質調整モデルということで、糖質は圧倒的に低く、おのずと炭水化物もかなり低く抑えられています。

炭水化物で足りないエネルギーを、脂質とタンパク質で補っているので、カロリーは据え置きの400kcalのままです。

栄養はしっかり取って健康的にダイエットをしようという、メーカーの想いを感じますね。

脂質はやや多い印象ですが、現代人に不足しがちなタンパク質がかなり多めに入っているのはありがたいです。

各種完全食の栄養については、「【え?実は完全じゃなかった】市場の全完全食の栄養を比較してみよう」で徹底比較しています。

【え?実は完全じゃなかった】完全食8ブランド全22種の栄養を比較してみよう完全食は「それさえ食べれば栄養が全部取れる夢のような食品」と思われています。実は完全に栄養を網羅していないケースがあるのをご存知でしたか?結構商品によっても栄養には特色が出ます。完全食を始めるなら、どの商品にどれくらい栄養があるのか、特徴をつかんでおきましょう!...

COMPパウダーのダイエット性能

 「COMP Powder TB」と「COMP Powder LC」のダイエット性能についてフォーカスしてみました。

結論はダイエットに使うならCOMP Powder LCを選ぶべし!です。

気になるカロリーは控えめ

各COMPパウダーのカロリー量
COMP Powder TB
(通常版)
400kcal
COMP Powder LC
(低糖質版)
400kcal

一般的に1日に必要なカロリー量は「2,200kcal」が基準になることが多く、1食に換算すると「733.3kcal」必要になります。

COMPパウダーのカロリー量は次の通りで、カロリーは控えめと言って差し支えないでしょう。

糖質はほどほどの量

各COMPパウダーの糖質量
COMP Powder TB
(通常版)
50.6g
COMP Powder LC
(低糖質版)
6.9g

白米が一膳(150g)で糖質55.2gとなっています。

普通の食事は白米だけでは済まないので、実際にはもっと糖質を取ることになります。

通常版COMP Powder TBでも定食や丼ものを食べるよりは糖質を抑えられます

一方でCOMP Powder LCは圧倒的な低糖質です。

ダイエット観点では、1食あたりの糖質量は20〜40gが望ましいので、ダイエット目的の人はCOMP Powder LCを選びましょう

食物繊維はもう一声欲しい

各COMPパウダーの食物繊維量
COMP Powder TB
(通常版)
5.2g
COMP Powder LC
(低糖質版)
5.2g

食物繊維は、炭水化物の一部です。(「炭水化物 = 糖質 + 食物繊維」)

炭水化物は太るイメージがありますが、それは糖質の話で、食物繊維は太りづらい栄養素です。

人間は食物繊維を消化する消化酵素を持っていないため、食物繊維は腸内で吸収されません。

逆に食物繊維は糖が脂肪になって体につくのを防ぐことができ、ダイエット効果があるのです。

1日あたりの食物繊維量は、成人男性で21g以上成人女性で18g以上の摂取が望ましいとされています。

(厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2020年版)より)

各COMPパウダーは食物繊維5.2gなので、1食分としてはもう一声欲しいところです。

たんぱく質は十分に含んでいる

各COMPパウダーのたんぱく質量
COMP Powder TB
(通常版)
18g
COMP Powder LC
(低糖質版)
25g

糖質を制限するのがダイエットの1番の近道ですが、メインのエネルギー源である糖質を減らすと、エネルギー不足になってしまいます。

エネルギー不足は、たんぱく質で補う必要があります。

たんぱく質は筋肉や臓器を作る栄養素でもあります。きちんと摂取することで、体を健康に保ちつつ、基礎代謝を維持、向上させることができます。

1日あたりのタンパク質量は、成人男性で65g以上成人女性で50g以上の摂取が望ましいとされています。

(厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2020年版)より)

COMPパウダーのたんぱく質は十分な量が含まれていますが、ダイエットに使用するならCOMP Powder LCがオススメです。

COMPパウダーの購入方法を解説【Amazonやコンビニで買えるの?】

実店舗での取り扱い(コンビニ/スーパー/ドラッグストア)

コンビニ ×
スーパー ×
ドラッグストア ×

完全食はまだまだ普及の途上なので、あまりコンビニやスーパーなどの実店舗では扱われていません。

COMPパウダーも同様となっています。

オンラインでの取り扱い(公式サイト/Amazon/楽天)

公式サイト
Amazon ×
楽天 ×

Amazonや楽天で購入できる完全食メーカーも多々ありますが、COMPに関しては全商品が公式サイトの通販のみです。

COMP公式サイトには「通常購入」と「定期購入」がある

COMPの公式サイトでは、

  • 通常購入(1回限りの購入)
  • 定期購入

の2種類の購入方法があります。

定期購入は任意の期間で、自動的に商品が送られてくるサブスクリプション契約です。

次の通りに購入期間が選択できます。

定期購入の期間選択「日付で指定」

  • 1〜3ヶ月の間で、任意の日付を指定することができる
  • 「1ヶ月」と「1日」を指定すれば、毎月1日に商品が届く

定期購入の期間選択「間隔で指定」

  • 最短7日〜最大90日の間隔で商品が届く

なお、定期購入には契約期間の縛りはないので、いつでも解約が可能です。

COMPパウダーの値段&コスパを解説

COMPの商品は公式サイトでしか購入できないので、「あそこで買うのがお得」という概念がありません。

定期購入は5%割引がかかる上に、契約の縛りありません。縛りがないので1回だけ購入して即解約もできます。

デメリットなしで割引購入できるので、定期購入一択です。

コスパに関する参考データとして、サラリーマンの平均昼食代が555円(新生銀行グループ「2019年サラリーマンお小遣い調査」より)があります。

これより安いかがコスパの一つの目安でしょう。

COMP Powder TB(通常版)のコスパ

COMP Powder TB(通常版)の価格表
購入数 通常購入 定期購入
5%OFF
12
PACKS
5,000円
(1食416.7円)
4,750円
(1食395.8円)
24
PACKS
9,000円
(1食375円)
8,550円
(1食356.3円)
48
PACKS
17,000円
(1食354.2円)
16,150円
(1食336.5円)
96
PACKS
32,000円
(1食333.3円)
29,980円
(1食312.3円)

*価格は税込表記
*購入合計金額4,000円(税込)以上で送料無料

最安価格

1食あたり312.3円

最安購入条件

公式サイトより、定期購入で最大数量の96食を購入

COMPの定期購入の最大間隔は90日なので、最大数量の96食だと大体1日1食分になります。

購入数量にもよりますが、コスパは高いと言えるでしょう。

COMP Powder LC(通常版)のコスパ

COMP Powder LC(低糖質版)の価格表
購入数 通常購入 定期購入
5%OFF
12
PACKS
6,500円
(1食541.7円)
6,175円
(1食514.6円)
24
PACKS
12,000円
(1食500円)
11,400円
(1食475円)
48
PACKS
23,000円
(1食479.2円)
21,850円
(1食455.2円)
96
PACKS
45,000円
(1食468.8円)
42,750円
(1食445.3円)

*税込表記
*購入合計金額4,000円(税込)以上で送料無料

最安価格

1食あたり445.3円

最安購入条件

公式サイトより、定期購入で最大数量の96食を購入

MAXに安い条件でも1食あたり445円は、食事としては並のコスパですが、完全食としては結構お高めです。

定期購入のおまけシェーカー

なお定期購入にすると、おまけでこちらのシェーカーがついてきます。

購入する場合は500円の商品がもらえるので、とりあえず定期購入にしておきましょう。

各種完全食のコスパについては、「【コスパ最強はどれ?】市場の全完全食を1食分の値段で比較してみよう」で徹底比較しています。

【コスパ最強はどれ?】完全食8ブランド全22種を1食分の値段で比較してみよう完全食って、値段感がよくわからないですよね。「コスパは良いの?悪いの?」「普通の食事と比べて、高いの?安いの?」と疑問に思っている人が多いはず。この記事では、完全食21種類の1食あたりの最安価格を比較しています。コスパが良い完全食を探している人は、ぜひチェックして下さい!...

完全食入門者へ 少量からお試しできる完全食を一挙紹介」の記事では、お試し購入から気軽に始めやすい完全食を紹介しています。

完全食入門者へ 少量からお試しできる完全食5選【現状はベースフードとCOMPだけ】完全食を試してみたいけど、まずくて食べられなかったらどうしよう?でも完全食はコンビニでは売っていないので、気軽に試せません。この記事では少量からお試しができる完全食を紹介しています。完全食が気になっていて始められていない人は、この中から選んでみてはいかがでしょうか?...

COMPパウダーはお試し購入可能!

初めてCOMPパウダーを購入する人には、いきなり12食はちょっと多いですよね。

もっとライトに試してみたい人が大多数だと思います。

そんな方にはお試しセットがオススメです。

3食分+フレーバー3種がついて、1,000円と安価に設定されています。

1,000円なら、もし自分に合わなくて止めても痛くないですね。

COMP Trial Pack Powder TB(通常版)

出典:COMP公式サイトより引用
セット内容
  • COMP Powder TB v.5.0×3Packs
  • COMP Flavor Apple & Cinnamon v.1.0 ×1Pack
  • COMP Flavor Royal Milk Tea v.1.0 ×1Pack
  • COMP Flavor Cafe Latte v.1.0 ×1Pack
価格 1,000円(税込)

COMP Trial Pack Powder LC(低糖質版)

出典:COMP公式サイトより引用
セット内容
  • COMP Powder LC v.1.0×3Packs
  • COMP Flavor Apple & Cinnamon v.1.0 ×1Pack
  • COMP Flavor Royal Milk Tea v.1.0 ×1Pack
  • COMP Flavor Cafe Latte v.1.0 ×1Pack
価格 1,000円(税込)

COMPパウダーのレビューまとめ

今回は完全食の主力ブランドの一つであるCOMPより、

  • COMP Powder TB(通常版)
  • COMP Powder LC(低糖質版)

のレビューをしました。

粉末を水に溶かして飲む、もっともポピュラーなタイプの完全食です。

通常版は豆乳やきな粉を思わせる味

低糖質版はミルク風味

どちらも味はまずまずでした。

COMPパウダーのメリット・デメリット

COMPパウダーのメリット&デメリットを次の通りまとめます。

  • すごく美味しくはないが、まずまずイケる味
  • 低糖質版は栄養を押さえつつダイエットに使える
  • 飲むだけの食事になるので、食事の楽しみは感じない
  • 咀嚼がないので、アゴが弱くなる
  • シェーカーで作るのが面倒で、洗い物も出る

COMPパウダーが向いている人・向いていない人

続けて、COMPパウダーが向いている人、向いていない人を考えてみました。

向いている人
  • 完全食にダイエット効果を求める人
  • 食事の楽しさが無くても気にならない人
向いていない人
  • 味にこだわる人
  • 外出先で完全食を取る予定の人

良くも悪くも「ザ・完全食」という感じで、初めての完全食としても良いと思います。

もっと食事として楽しめる完全食が欲しくなったら、ベースフード社の

も試してみると良いでしょう。

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます。

完全食とは?全ブランド全商品を一挙紹介【あなたにオススメの完全食はこれだ!】」では全完全食を比較&解説しています。

完全食とは?8ブランド22商品を徹底比較【あなたにおすすめの完全食が見つかります】完全食はまだマイナーな存在なので、選び方を解説した情報はほとんどありません。「自分にあった完全食はどう選べば良いの?」と迷ってしまいます。この記事では、各種完全食を紹介しつつ、あなたにぴったりの完全食を見つける手助けをします!完全食を取り入れたい人はぜひ見てみてください!...

ぜひ自分にあった完全食を探してみてください。